インフォメーション

ホワイトベース大槌で復活の薪ボイラー:特定非営利活動法人 吉里吉里国様

2014/3/29 ヒストリー

ホワイトベース大槌では共同浴場を、薪ボイラーで湯沸かしします

薪ボイラーの設置工事は吉里吉里国、みちのく冷熱の皆様ですすめられております。

写真 2014-03-27 16 01 25写真 2014-03-27 16 03 41
この薪ボイラーは3.11の災害後吉里吉里の避難所で心と体を温めてくれた薪ボイラーです。
「このボイラーでまたいつの日か皆様を笑顔にしたい。」という吉里吉里国さんの想をうけてボイラーを大切に保管してくださったところがあったそうです。

たくさんの方の想いと行動によってすべては支えられているということに気づかされる日々。
ホワイトベース大槌の誕生を機に薪ボイラーは吉里吉里に復活します。そして4月からは復興に携わる方々を温めてくれることを願います。

たくさんの方の想いを胸に、ホワイトベース大槌を無事オープンさせて、大槌にいらっしゃるお客様を温かい笑顔にしたいと思います!


以下吉里吉里国さまブログより。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホワイトベースに宿泊される復興事業従事者の方々に、薪のお湯で温まって欲しいです。 それが、震災直後の生き延びるための期間中、我々避難所生活者を温めてくれた薪ボイラーへの恩返しです。

災害からの復興という歴史は、これからもつづきます。 吉里吉里国はそのストーリーの1頁に、「復活の薪ボイラー」を挿入し、被災地の子ども等に語り継いでいきます。

ホワイトベースに集まる方々は、みんな家族です。
ここで暮らしていこうと決めた私たちと、一緒になって街づくりに携わってくださる大切な人たちです。
おおつちの海や山、まっ白い根拠地に湧く薪の湯、そして普通の吉里吉里人が皆さまをお待ちしています。 共に生き、共に学びましょう。

美しい街とは、どういう街なのでしょう。 名もない普通の人たちが、汗と祈りを籠め長い年月をかけて創られた街ではないでしょうか。 私たちも普通の人間でありつづけながら、美しく生きていこうと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://kirikirikoku.blog56.fc2.com/

0193-55-6651
お問い合わせはこちら
Top