【るろうに剣心】巴の死因は闇之部の攻撃から剣心を庇った!人斬り抜刀斎から脱却!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

漫画
スポンサーリンク

巴の死因について疑問に感じていませんか?

巴の死は多くのファンにとって衝撃的で、深く心に残る出来事でした。

私も初めてそのシーンを見たとき、涙が止まりませんでした。

そこで今回は、巴の死因とその背景について詳しく解説します。


この記事を読めば、巴の死の真相と、それが剣心に与えた影響を深く理解できるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

巴の死因の原因

結論から言いますと、雪代巴の死因は幕府の隠密御庭番衆「闇之武」との戦いによるものでした。

巴は、剣心が敵の攻撃を受けそうになった瞬間、身を挺して彼を庇いました。

その結果、剣心は敵を斬り倒しましたが、同時に巴も斬ってしまったのです。

幕府の隠密「闇之武」

巴の死の背景には、幕府の隠密御庭番衆「闇之武」の存在があります。

彼らは剣心を倒すために暗躍していました。この戦いは、剣心と巴の運命を大きく変えるものでした。

巴の犠牲

巴は剣心を守るために自らの命を犠牲にしました。

彼女の行動は、剣心にとって忘れられない痛みとなり、彼の心に深い傷を残しました。

剣心の後悔

剣心は巴を斬ってしまったことに深い後悔を抱えています。

この出来事は彼の生き方を大きく変え、「不殺の誓い」を立てるきっかけとなりました。

スポンサーリンク

剣心と巴の過去

初めての出会い

剣心と巴の出会いは運命的でした。

巴は剣心の暗殺に巻き込まれ、そこから二人の関係が始まります。

巴の本当の目的

巴の本当の目的は、夫の仇である剣心に近づき、復讐を果たすことでした。

しかし、剣心との共同生活を通じて彼女の気持ちは変わり、剣心に対する愛情が芽生えます。

二人の絆

剣心と巴は、互いに深い絆で結ばれていきます。

巴の死によって、その絆は永遠に断たれることとなり、剣心は深い悲しみと罪悪感を抱えることになります。

スポンサーリンク

巴の死が与えた影響

剣心の心の傷

巴の死は剣心の心に深い傷を残しました。

彼は彼女の死を悔やみ続け、自らの過去の行いを反省するようになります。

「人斬り抜刀斎」からの脱却

巴の死を機に、剣心は「人斬り抜刀斎」としての過去を捨て、「不殺(ころさず)」の誓いを立てます。

これは彼の生き方を大きく変える転機となりました。

新たな旅の始まり

巴の死後、剣心は新たな人生を歩む決意をします。

彼は過去の罪を償いながら、新しい道を模索していくのです。

まとめ


『るろうに剣心』で描かれた巴の死因は、幕府の隠密御庭番衆「闇之武」との戦いが原因でした。

巴は剣心を庇い、敵の攻撃を受け止めた結果、剣心の斬撃によって命を落としました。

この記事では、巴の死の背景とその影響について詳しく説明しました。

彼女の死が剣心の人生に与えた影響や、剣心が「不殺の誓い」を立てるきっかけとなった経緯を理解することで、物語の深みを感じることができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました